社会福祉主事任用資格 レポート 見本 「福祉用具の適切な活用のあり方」

社会福祉主事 通信課程 レポート 合格点 見本シリーズ 例

社会福祉主事通信課程 レポート 「福祉用具の適切な活用のあり方」

500~600字対応 採点90点以上

引用:社会福祉学習双書1~16巻参照

レポートが不合格になってしまった方、どういった内容を書けば良いかわからない方向け

完全オリジナルです。コピペすると落とされますので、あくまで参考に

しっかり題材に基づいて教科書をお読みになってやってみてください。


福祉用具

を利用する目的は、①自立支援と生活の質の向上②介護者の負担軽減③失った身体機能の補完・代償である。福祉用具を使用するに当たり、適切な支援を行う必要がある。安易な使用は、生活範囲を狭くし、廃用症候群を引き起こしかねない。また、介護負担や経済的な負担の増加などもさまざまな問題が生じる。

 

福祉用具の選定において、利用者の心身状況、生活動作の自立の程度、理解力などを把握する。福祉用具を使用することで、現在抱えている生活課題の全てが解決するわけではないが、そのためにも毎日の生活のどこをどのように改善したいと思っているのか、本人と家族の意思を十分に把握する。人によっては、1日の中でも生活動作のしづらさが違うなど、日によって体調の変化が違い、自立度に影響がある場合がある。福祉用具の活用は、利用者の生活の質の向上につなげるためなのか、介護負担の軽減につなげるためなのかといった福祉用具の使用目的をふまえた判断が必要である。

 

本人が選定をせず、家族の意向で決められた物のなかで歩行杖が多いと思われる。本人が杖の使用の仕方を全く理解せず、ただ持っているだけで、杖を忘れて歩行するケースも大変多く見られている。そのため、本人や使用者以外の身近な方にも福祉用具の仕組みと機能を説明し、使用する本人が使いこなせるのかを見極めていくことが必要である。

「福祉用具の適切な活用のあり方」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA