社会福祉主事任用資格 レポート 見本 「介護におけるコミュニケーションで重要なこと」

社会福祉主事 通信課程 レポート 合格点 見本シリーズ 例

社会福祉主事通信課程 レポート 「介護におけるコミュニケーションで重要なこと」

500~600字対応 採点90点以上

引用:社会福祉学習双書1~16巻参照

レポートが不合格になってしまった方、どういった内容を書けば良いかわからない方向け

完全オリジナルです。コピペすると落とされますので、あくまで参考に

しっかり題材に基づいて教科書をお読みになってやってみてください。


介護は

人間対人間の行為として行われるものであり、利用者と職員の間に意思の疎通や信頼関係がなければ、適切な関係は成立しない。対人関係を築く上で言語的コミュニケーションや非言語的コミュニケーションなどがあり、様々な手法を使用しお互いの事を知っていく。お互いの事を知っていないと、日々の中の小さな変化に気づくことも少なくなってしまう。

 

コミュニケーションは、双方間のやりとりで成立し「聴く」事と同時に「話し方」にも注意をしていく。対人関係において重要なことはアサーティブ(主張的)であり、アサーティブコミュニケーションは双方が対等で平等な関係をめざすための方法であり、自分も相手も大切にする表現である。決して友達同士や上下関係など間違った認識をするのではなく、相手のことを理解し思ったことを正直に伝えるようにするため、自分の日ごろの自己表現方法を意識化する必要がある。

 

施設やサービスによって入居者様の違いは様々であるが、私が勤めている有料老人ホームでは、本人が納得せず入居にあたった利用者様が多数在住しており、夜間など度々帰宅願望など訴えが続くことが多い。利用者様にとって介護職員は相談相手であり、悩みの解消などにも大きく貢献する。そこから安心感が生まれ日々の生活にも影響していくと感じている。

「介護におけるコミュニケーションで重要なこと」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA