社会福祉主事任用資格 レポート 見本 心理レポート 「自殺予防の試み」

社会福祉主事 通信課程 レポート 合格点 見本シリーズ 例

社会福祉主事通信課程 レポート 心理レポート 「自殺予防の試み」

500~600字対応 採点90点以上

引用:社会福祉学習双書1~16巻参照

レポートが不合格になってしまった方、どういった内容を書けば良いかわからない方向け

完全オリジナルです。コピペすると落とされますので、あくまで参考に

しっかり題材に基づいて教科書をお読みになってやってみてください。


近年

とりわけ大きくとりざたされている社会問題の一つが自殺である。自殺は社会の中のいくつもの問題点が集約され、露呈した現象であるといえる。

 

現在のわが国においては毎年3万人を超える人々が自ら命を絶っている。年代別自殺者は①年齢が高いほど自殺者が多い②労働人口の中核となる年齢層の自殺者数が近年急増している。経済・生活面の問題は、中高年の自殺に多く、男女間の問題が理由で自殺してしまうのは若年層に偏っているようである。

 

つまり自殺の背景にある理由については、ライフサイクルの中の年代ごとに生じやすい心理的な危機が異なり、そのような危機の種類と自殺者の年代とが一定程度は対応しているといえる。

 

自殺予防の試みとして、一人一人が自殺するかどうかのサインはあったとしても必ず目に見えるものとは限らない。しかし、社会の努力で自殺を少なくすることは可能であり、地域や一般住民、自治体などで協力し、支援を含み包括的な活動を行っていく。

 

多くの自殺者は自殺の前にうつ症状を有しており、精神科治療につなげることや関連支援機関との連携は有効である。また支援者はハイリスク要因が多数あることを当然知っておくべきであり、自殺の手段を遠ざけることに留意することも必要である。自殺予防においては専門知識に裏打ちされた社会福祉の担い手が活躍する意義は大きい。

「自殺予防の試み」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA