社会福祉主事任用資格 レポート 見本「ボランティア活動」

社会福祉主事 通信課程 レポート 合格点 見本シリーズ 例

社会福祉主事通信課程 レポート「ボランティア活動」に関して

500~600字対応 採点90点以上

引用:社会福祉学習双書1~16巻参照

レポートが不合格になってしまった方、どういった内容を書けば良いかわからない方向け

完全オリジナルです。コピペすると落とされますので、あくまで参考に

しっかり題材に基づいて教科書をお読みになってやってみてください。


ボランティア活動は、

活動する人の地域社会での社会的ネットワークを豊かにするとともに、成長、精神的な満足感をもたらす。このような活動は、制度に基づくサービスに比べると、サービスの対象者が限定されず、専門家・有給職員優位ではない組織運営といった特性が見られる。ボランティアは大きなエネルギーであり、多様なボランティア活動との接点をもつことは、地域の福祉政策を展開する上でも重要であり、自治体と市民の相互浸透が進むのである。

 

ボランティア・市民活動の活動目的や価値観は多様であるが、必ずしも行政のように公平性を重んじて行動するわけでなく、目前の個別的な問題に即応しようとする。このような多様性や行動原理があるからこそ、さまざまな社会的な課題を解決するための多様なアプローチが生まれる。この活動を推進・支援する際は、活動目的や価値観の多様性、行動原理が尊重されなければいけない。しかし行政が柔軟な支援を行うことは難しい為、直接支援を行うよりは、中間支援組織を通じて間接的に支援し広めていくことが望ましい。

 

私の職場では行事などを行う際、地域住民による支援を頂いている。貴重な意見を頂けるので、何かを行う際とても重要である。この働きかけに入居者様は大変喜ばれている。職員も地域のお祭りや清掃活動に参加し、相互に協力し合っている。ボランティア活動はその地域での繋がりを大切にし、お互いを重んじる心となる。

「ボランティア活動」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA