社会福祉士 レポート 見本「地域を基盤としたソーシャルワーク」

社会福祉士 レポート 合格点 見本シリーズ

社会福祉士通信課程 レポート「地域を基盤としたソーシャルワーク」に関して 例

1000~1200字対応

引用:社会福祉学習双書1~16巻参照

レポートが不合格になってしまった方、どういった内容を書けば良いかわからない方向け

完全オリジナルです。コピペすると落とされますので、あくまで参考に

しっかり題材に基づいて教科書をお読みになってやってみてください。


地域を基盤としたソーシャルワーク

は個を地域で支える援助と、個を支える地域をつくる援助を一体的に推進し、その延長線上に地域福祉の進展を位置付ける点に特徴がある。

地域を基盤としたソーシャルワークの構造にかかる概念とは、「ジェネラリストソーシャルワーク」「地域を基盤としたソーシャルワーク」「相談援助」の三つであり三層構造として示されている。

 

 ソーシャルワーク理論には、本質的な価値や理念に根ざしそれを実践に向けた形にする過程が求められる。第一の理念はクライエントを援助の中核に置き、その個々の状況に合わせた援助システムによって援助展開することである第二の理念はクライエントを中心に据えた援助システムに、地域住民等のインフォーマルサポートが積極的に参画すること。地域の専門職だけではなく地域の力として、近隣住民やボランティア 、NPO によるサポートを活用するということが重要である。それが個を地域で支える援助のみならず、個を支える地域をつくる援助への展開、さらには地域福祉の推進へと展開する。

 

 以前は専門分化された相談機関にて、特定の課題の解決のみに援助を受けるという形が多かったが、地域を基盤としたソーシャルワークでは総合相談としてクライエントを起点として援助を展開する。まずクライエントの抱えている課題ではなく、生活全体に焦点を当てクライエントが生活する地域がソーシャルワーク実践の場になり、本人と環境との相互作用を促進しする事で環境側の変化をもたらすことができる。

 

 そしてクライエントの生活を中心に据えることにより、様々な生活のしづらさに焦点を当てることができる。地域生活上の生活のしづらさは多様であり、法律でカバーができる範囲を超えているのも多い。 そのため総合相談にて問題の多様性に答えることができるよう引き出しの範囲を広げることが必要であり、クライエント本人が感じている生活課題にアプローチすることが必要である。問題が深刻になる前に予防的な働きかけも必要である。 ワーカーは常時ニーズに目を向け地域住民との協働によって発見・見守り機能を遂行することが求められる。また複数の援助機関複数の専門職、さらには地域住民がネットワークやチームを形成し連携と協働によって援助を提供することもその特質で、ソーシャルワークにおけてネットワークは非常に重要である。

 

 現在地域での生活課題は複合化している。介護が必要な高齢者世帯であっても、そこには単純な介護問題だけではなく、様々な課題が重なっていることも少なくない。ネットワークによる連携と協働は総合相談の特徴的な機能で、うまく活用することにより地域の社会資源を最大限に活用でき、援助の幅と可能性を大きく広げ、抱えている様々な問題の解決に導くことができるのである。

「地域を基盤としたソーシャルワーク」 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA