社会福祉主事 レポート 「生活保護における自立支援について」

社会福祉主事 通信課程 レポート 合格点 見本シリーズ 例

社会福祉主事通信課程 レポート 心理レポート 「生活保護における自立支援について」

500~600字対応 採点90点以上

引用:社会福祉学習双書1~16巻参照

レポートが不合格になってしまった方、どういった内容を書けば良いかわからない方向け

完全オリジナルです。コピペすると落とされますので、あくまで参考に

しっかり題材に基づいて教科書をお読みになってやってみてください。

現在、

社会福祉領域で用いられる自立概念は、できるだけ自分自身が自主的に選択し、物事を決定していく自立と同義で用いられているといえる。しかし、近年までは自立に関する国による統一的な見解や定義がなかった為、平成16年に社会福祉法の基本理念をふまえた「経済的自立」「日常生活自立」「社会生活自立」という3つの自立の考えが示された。

 

自立支援とは、被保護者の選択と決定に基づき、利用者自らが自分の可能性を追求していくことを支援する事である。利用者の主体性を尊重し、ストレングスを見出し、将来を考慮する。これらをふまえ支援の取り組みが行われる事に期待されている。

 

支援内容として福祉事務所における自立支援を組織的に、より効果的に行っていくため、新たに自立支援プログラムを導入していく事が提言された。自立支援プログラムの目的は、利用者それぞれの自立をめざした取り組みを、利用者の同意に基づき、地方自治体や福祉事務所がそれぞれの地域性や被保護者世帯のニーズを考慮し、被保護者(生活保護を受給している利用者)を対象に行っている。

 

最後に生活保護における自立支援とは、就労意欲の無い者に対しても積極的にアプローチして、全ての層が経済的にも日常的にも社会的にも一人で行えるようなプログラムを策定し、自立していく事であると考える。

「生活保護における自立支援について」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA