社会福祉士 レポート 見本「ボランティア活動について」

社会福祉士 レポート 合格点 見本シリーズ

社会福祉士通信課程 レポート「ボランティア活動について」に関して 例

1000~1200字対応

引用:社会福祉学習双書1~16巻参照

レポートが不合格になってしまった方、どういった内容を書けば良いかわからない方向け

完全オリジナルです。コピペすると落とされますので、あくまで参考に

しっかり題材に基づいて教科書をお読みになってやってみてください。


 

ボランティア

と深く関連する用語にボランタリズムという言葉がある。ボランタリズムという言葉は哲学や神学で用いられる「主意主義」から、人間の持つ意思力や自由意志を重んずるという意味と、国家や権力から自由な教会のあり方や結社の自由などの考え方を起源とする(「自由制」「任意制」「教会・学校などの任意寄付制・自立主義」の意味を持つ)という2種の意味を持つ。「自由意思」と「権力からの自由」の考え方は個人の自由意志に依拠し、権力などから強制されない自治を志向するというボランティア活動の基本的な理念を示している 。

ボランティア活動の性格として一般には「自発性・主体性」「公共性・連帯性(社会性・福祉性)」「開拓性・先駆性」「無償性・無給性」などがあり「自発性・主体性」はボランタリズムの理念から導かれる基本的な性格である。

 

ボランティア活動は1990年代以前、福祉分野の無償で行われるサービスが他の活動で一部の特別な人が恵まれない一部の人に行う活動イメージが強かった。しかし、90年代以降はいつでもどこでも誰もが気軽に楽しみながら、お互いのために人と人とが関わり合う活動というイメージへと転換を始めた 。そして福祉分野や教育分野にとどまらず環境まちづくり国際交流支援災害救援など多様な領域での活動であるとの理解が広まった。

 

ボランティア活動の意義として、社会的ネットワークが豊かな地域では、児童虐待犯罪など様々な社会問題の発生率が低いことや、その地域の人々の健康状態が良好であることと関係があるとみられることが明らかになっている。愛他的であるボランティア活動は、社会的に孤立している人々の社会的ネットワークを増進し、異なる人々の間の信頼感を増すなど社会的な繋がりを作り出す働きがあると考えられている。

 

制度に基づくサービスに比べるとボランティア活動によるサービスはサービスの対象者が限定されないこと。制度によるサービスにはない柔軟なサービスを実験的に行える社会資源である。またボランティアは生活者の視点に立って制度やサービスの改善課題や新しいニーズを発見するなど多元的な視点やアイデアをもたらす 。そして貴重な労働力の資源である俺は不足する労働力を補うという意味ではなく生活の質を 豊かにするプログラムや新しい社会的課題に対応するためにサービスで活動の展開を図るなどボランティアの教官を引き出し専門的知識技能髪厚い発送いかせるプログラムを開発できればいけに感じてもらえ大きなエネルギーを発揮してくれるという意味である。

 

ボランティアとして公共的なサービスの提供に関わることは、政策の実施過程への市民参加であり、市民は単にサービスを利用するだけでは学習できない政策や制度についての知識を体験的に学ぶことができ、このように活動を通じて学習した人々が福祉計画立案や 政策の立案、決定過程に参加することによって自治体と市民との相互浸透が進むのである。

「ボランティア活動について」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA