社会福祉士 レポート 見本「ソーシャルワークにおけるストレングス視点」

社会福祉士通信課程 レポート「ソーシャルワークにおけるストレングス視点」に関して 例

1000~1200字対応

引用:社会福祉学習双書1~16巻参照

レポートが不合格になってしまった方、どういった内容を書けば良いかわからない方向け

完全オリジナルです。コピペすると落とされますので、あくまで参考に

しっかり題材に基づいて教科書をお読みになってやってみてください。

本人主体

の援助において、その出発点であるクライエント本人へのアプローチは極めて重要となる。そのための概念としてエンパワメントとストレングスが強調される。エンパワメントは、もともとは社会的に抑圧された立場や階層にある人たちに向けた支援の概念であったが、現代ソーシャルワークにおいては重要な概念となっている。自らの置かれている状況を自ら打破できるように、本人自身の力や環境との交渉力、さらには政治的な力の獲得を目指す概念である。

 

 そのエンパワメントの源泉となるのは本人の内発的な力であるが、ソーシャルワーク実践においては、その喚起と向上に向けたアプローチが求められることになる。クライエント本人が自分の存在に意味と価値を見出せる様に働きかけること、現実を直視する作業を支えること、変化に向けた最初の一歩を支えること、といった取り組みがワーカーに求められる。

 

 その際自分のストレングス、つまりできることや自分の強みを本人が認識し、それを活用することによって自尊心の低下や罪悪感から脱却し、自分の有用感や肯定感の向上を図ることができる。さらにエンパワメントの獲得に向けた具体的な取り組みにおいては、利用可能な制度やサービス地域における自然発生的な支え合いの資源等を、本人が主体的に活用できるようにすることも重要なアプローチとなる。

 

 その中でストレングス・パースペクティブは個人グループ、家族、コミュニティにはできることと強みがあること、そしてクライエントを取り巻く環境には、活用できる多くの資源があるという考え方を基本としている。これは現代ソーシャルワークを象徴する視点であり、ジェネラリストソーシャルワークの特質の一つである。

 

 強みや強さ、できること、長所に焦点を当てるストレングス・パースペクティブは短所や限界を探索し、問題や課題を抱えるクライエントに責任を押し付けるというメカニズムを回避し、人と環境の肯定的な面を発見する方へ導くものである。同時にそのことが、クライエントの援助過程の主体的な参画を容易にし、またコミュニティにある資源の活用と協働の視点をもたらすことになる。

 

 人間の多様性が強調されるジェネラリストソーシャルワークにおいては、それぞれの文化特性や地域特性を反映させたシステムづくりが求められる。とりわけ、援助されることへの文化的差異や自然発生的援助システムの在り方などに対する特性を反映する形でサポートシステムの形成がなされなければならない。このことは、地域自体のストレングスの向上につながることとなる。

 

 このようにストレングスは、利用者の固有な生活世界で蓄積される力や強さ、豊かさを示すである。すなわちストレングスは、利用者がこれまで培ってきた様々な経験や能力、資源を表し、環境に働きかける行動力の源となる概念と理解できる。

「ソーシャルワークにおけるストレングス視点」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA