社会福祉主事任用資格 レポート 見本 「ソーシャルワークとスーパービジョン」

社会福祉主事 通信課程 レポート 合格点 見本シリーズ 例

社会福祉主事通信課程 レポート 「ソーシャルワークとスーパービジョン」

500~600字対応 採点90点以上

引用:社会福祉学習双書1~16巻参照

レポートが不合格になってしまった方、どういった内容を書けば良いかわからない方向け

完全オリジナルです。コピペすると落とされますので、あくまで参考に

しっかり題材に基づいて教科書をお読みになってやってみてください。


スーパーバイザーは

スーパーバイジーに対して、社会福祉専門職として必要な資質を身につける事、そのことによってクライエントへの援助の質を高め、機関・施設全体、社会全体の社会福祉援助の質を高める事に繋がる。そのためにスーパーバイジーはより具体的な個別の目的を明確にしたうえで、スーパービジョンにのぞむ。

 

重要なことは目標を設定し、その過程を通じ一貫した連続性をもち、目標を意識して達成することが重要である。目標の設定はスーパーバイザーとの話し合いで行い、一貫性を持ったものを構成する。

 

スーパービジョンのプロセスとして、スーパーバイジーである援助者が成長することで、利用者へよりよい援助ができるようになることである。アセスメントを正確に行い、必要な項目が網羅されているか、援助の方向性が妥当であるか明確にしていく。

 

スーパーバイジーは特に目標もなく、独学または先輩職員の行っている業務を遂行するだけで、仕事が正確にできている。また、自分は完璧だ。などと間違った方向に向かってしまいがちの方が多く見られる。いざ特定の事例に対して知識はあるかと問われれば、答えることもできない人が多い。そのような事が無くなるように職場全体において、スーパービジョンを行い、全ての職員が目標設定を行い、正しい知識を持ち、援助の質を高めていくことが大切であると思う。

「ソーシャルワークとスーパービジョン」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA