社会福祉主事任用資格 レポート 見本 「ソーシャルワークの価値」

社会福祉主事 通信課程 レポート 合格点 見本シリーズ 例

社会福祉主事通信課程 レポート 「ソーシャルワークの価値」

500~600字対応 採点90点以上

引用:社会福祉学習双書1~16巻参照

レポートが不合格になってしまった方、どういった内容を書けば良いかわからない方向け

完全オリジナルです。コピペすると落とされますので、あくまで参考に

しっかり題材に基づいて教科書をお読みになってやってみてください。


社会福祉専門職

において、まず価値基盤として人権尊重、社会正義、権利擁護、利用者本位、自己決定、自立支援、エンパワメント

、ストレングス視点、社会的包摂、ノーマライゼーションであり、これらは社会福祉の体系すべてに貫徹されるべき価値である。ソーシャルワークの専門職倫理は、このような価値に根源があり、倫理はこの価値をいわば具現化したものである。

価値と原則では、人間の尊厳、社会正義、貢献、誠実、専門的力量という、わが国のソーシャルワーカーがもつべき、まためざすべき価値と原則について述べられており、特に「人間の尊厳」と「社会正義」という最も優先すべき価値が正面に捉えられ、また専門的力量を発揮向上することが求められている。

現代社会は大変複雑であり、そこにおいて生起する生活問題は複雑高度化しており、ソーシャルワークの対象となる事象は大変複雑な様相を呈している。そのような状況の中で、ソーシャルワーカーは利用者とともに、様々な判断をする場合に、利用者の支援の為、明らかに一般の人々とは異なる判断を迫られる事がある。この判断は複雑に絡み合う要素を含むものであり、それらの要素は葛藤やジレンマをはらんでいる場合も少なくない。このような状況下において、専門職として判断を下す場合の指針となるものが倫理横領であり、ソーシャルワークの価値として不可欠である。

「ソーシャルワークの価値」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA