社会福祉主事任用資格 レポート 見本 医学レポート 「慢性閉塞性肺疾患」

社会福祉主事 通信課程 レポート 合格点 見本シリーズ 例

社会福祉主事通信課程 レポート 医学 「慢性閉塞性肺疾患」

500~600字対応 採点90点以上

引用:社会福祉学習双書1~16巻参照

レポートが不合格になってしまった方、どういった内容を書けば良いかわからない方向け

完全オリジナルです。コピペすると落とされますので、あくまで参考に

しっかり題材に基づいて教科書をお読みになってやってみてください。


慢性閉塞性肺疾患

(Chronic Obstructive Pulmonary Disease:COPD)は進行性の気流閉塞を呈する疾患であり、喫煙などの有毒粒子やガスの曝露による慢性的な炎症反応の為に、末梢気道の狭窄化や肺胞壁の破壊が生じる。その結果、呼吸時の気流閉塞や肺の過膨張がもたらされ、労作時の呼吸困難が生じる。

 

わが国には未診断・未治療患者が多く、重症化してはじめて受診することが多いため、COPDに対する認知度を高め、早期診断・早期治療を行うことが重要である。

 

治療はすべての患者に禁煙指導を行った上で、重症度に応じて段階的に治療法を増強する。治療法には、気管支拡張薬を中心とした薬物療法と呼吸リハビリテーション、酸素療法、換気補助療法、栄養療法などの非薬物療法がある。

 

症状を安定させるため、薬物療法のほかに、酸素吸入が必要となるが、近年ではある一定の診断基準を満たせば、比較的容易に在宅酸素療法(Home Oxygen Therapy:HOT)を行うことができる。HOTとは鼻孔から細いチューブを挿入し、携帯用の酸素ボンベから酸素を吸入する方法で、HOTを利用することにより、自宅での日常生活や外出を行うことが容易になる場合がある。

 

「慢性閉塞性肺疾患」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA