社会福祉士 レポート 見本「スーパーヴィジョンとは」

社会福祉士 レポート 合格点 見本シリーズ

社会福祉士通信課程 レポート「スーパーヴィジョンとは」に関して 例

1000~1200字対応

引用:社会福祉学習双書1~16巻参照

レポートが不合格になってしまった方、どういった内容を書けば良いかわからない方向け

完全オリジナルです。コピペすると落とされますので、あくまで参考に

しっかり題材に基づいて教科書をお読みになってやってみてください。


ソーシャルワーカー

はクライエントとともに、課題の解決あるいは課題の影響軽減などがどうすればできるのかを考え、そこで見つけ出した最善で現実的な支援方法が実現されていくようにしていく。ワーカーに最低限必要なことはクライエントが抱える様々な辛さや自分の迷いを話してもいいと思ってもらえる援助的関係を作ることである。もちろん援助的関係形成に必要な知識とそれを実現できるスキルが必要である。しかし実践現場では基本の知識やスキルを習得しているだけでは不十分なことも多い。多くの情報を分析統合することクライエントの問題解決法を様々な角度から深く考えること実践振り返り課題を見つけることなどが要求される。つまりワーカーには基礎知識スキルの柔軟の応用が求められていると言える。

 

 対人援助職者が出会う課題は様々な要因が複雑に絡み合い、基本の応用が容易でないことも少なくない。そこで必要になってくる教育訓練の一つが、固有のケース、クライエントを対象にして、そのケースクライエントに対する最適な支援方法を見つけ出していくためのスーパービジョンである。

 

 スーパービジョンの主要な目的は、クライエントに質と量の両方において可能な最善のサービスを提供することと言われている。スーパービジョンはスーパーバイザーと呼ばれる経験豊かなワーカーがスーパーバイジーと呼ばれる研鑽を必要とするワーカーに対して、彼らの個別性を重視しながらに資する教育訓練法の一つである。スーパービジョンを通してバイジーが実践力を高めその結果クライエントにより良い支援ができることを目指している。

 

 スーパービジョンの機能に関しては、現在多くの人が同意する分類は、カデューシンとハークネスによって提唱された3機能、管理的機能、教育的機能、支持的機能である。第1の機能は管理機能と呼ばれ所属組織においてどのような役割が期待されているのか、どの役割は自分の範囲を超えるものなのか、等に関する認識を明確にして組織内で自分自身をより有効に活用できるようにする。第二の機能は教育的機能と呼ばれ、対人援助職者として習得しておくべき知識やスキルがあるが、それらが十分に実践で応用されていることが見えてこない時には、仕事内容を振り返ることで課題を発見しその課題を解決できるようにしていくことである。 3の機能は支持的機能と呼ばれる機能であり、仕事関連で起こるストレスへの適応を助けバイジーの不満を解消する役割を果たすものである。この3つの機能は、互いに関連し合い、それぞれ機能を重複または使い分けることによって効果的なスーパービジョンを行うことができる。支持的機能、教育的機能、管理的機能の3つが機能して初めてスーパービジョンがうまくいくことを忘れてはいけない。

「スーパーヴィジョンとは」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA