社会福祉主事任用資格 レポート 見本 社会福祉概論ⅰ「社会福祉制度の発展と課題」

社会福祉主事 通信課程 レポート 合格点 見本シリーズ 例

社会福祉主事通信課程 レポート 社会福祉概論ⅰ「社会福祉制度の発展と課題」

500~600字対応 採点90点以上

引用:社会福祉学習双書1~16巻参照

レポートが不合格になってしまった方、どういった内容を書けば良いかわからない方向け

完全オリジナルです。コピペすると落とされますので、あくまで参考に

しっかり題材に基づいて教科書をお読みになってやってみてください。


社会福祉制度

は、戦後直後に作られ福祉の基盤となっていたが、年を追うごとに福祉の対象者は増加・多様化しさまざまな問題が発生した。そのため、基礎構造改革が行われる事となる。1996年当時、少子高齢化・経済基調の変化・低経済成長といった社会の変化があり、限られた者ではなく国民全体を対象と考えが変化する。短期間で議論が展開され、その人らしい自立した生活・地域の総合的な支援・公平かつ公正な負担など従来の措置制度から契約制度へと移行されていく。

 

これまでの改革を振りかえると、十分ではないが結果として多くの国民に問いかける事になったことは大きな意義である。利用する立場や支援者の粘り強い運動があり、問題が国民的議論になったのだろう。利用者の権利意識の向上やサービス供給量の拡大・成年後見制度や日常生活事業などの仕組みがある程度進んだ事も大きい。

 

今後の課題として、社会福祉基礎構造改革の理念・方向性を具体的な暮らし・社会の実態に即して再検討する必要はあるが、約10年間に及ぶ改革の進展が不安を与え、暮らしを直撃しているのも実態である。少子高齢化・低所得者・経済的弱者が増加している現代において、早急に改善されるべきことも山積みではあるが、サービスの質と利用負担のバランスを踏まえ、長期的視点から議論されることを願いたい。

「社会福祉制度の発展と課題」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA