社会福祉士 レポート 見本「アセスメントとは」

社会福祉士 レポート 合格点 見本シリーズ

社会福祉士通信課程 レポート「アセスメント」に関して 例

1000~1200字対応

引用:社会福祉学習双書1~16巻参照

レポートが不合格になってしまった方、どういった内容を書けば良いかわからない方向け

完全オリジナルです。コピペすると落とされますので、あくまで参考に

しっかり題材に基づいて教科書をお読みになってやってみてください。

レポート作成の補助として

おススメです!


アセスメントとは、

最適の援助方法をクライエントとともに見出して初期プロセスであり、収集した情報をしっかり分析しさらに全体的に問題を理解できるように統合することまでを含むものである。ソーシャルワークにおいてクライエントをアセスメントするということは、単に対象となっている人の理解だけにとどまらず、クライエントを取り巻く環境も含めた総合的・統合的な理解をすることが重要である。

 

 ワーカーは必要な情報を適切に収集する力を備えておかなければならない。アセスメントで中心になるのはクライエントとの面接から得る情報であるが、直接情報が得にくい場合も起こりうる。出来る限り本人から直接話を聞かせてもらう努力も継続し、問題解決に必要な情報を他者・他機関から得られるようにする。ただし、このように本人以外から情報を得る場合には秘密保持原則、クライエントのプライバシー保護に配慮することを忘れずにクライエントの援助という明確な目的を持ち、秘密保持原則を守り関係機関で協力し合うことはクライエントの福利向上につながる。またこのような多様な情報を用いる場合に注意しなければならないのは、他者から得た情報をそのまま安易に受け入れるのではなく、先入観を持たずクライエントに向き合いそれらの情報の適切さを吟味した上で情報を用いることである。

 

 援助関係形成の前提条件としてはワーカーが自分自身の特性を理解しておくという自己覚知が必要である。この自己覚知や援助関係形成などはある人物や出来事などをどう受け止めるかにより、受け止める人が持っている価値観等の個人特性が影響を非常に及ぼすからである。援助関係形成に必要な条件としてバイステックの援助関係形成の7原則の①個別化②意図的な感情表出③統制された情緒的関与④受容⑤批審判的態度⑥自己決定の原則⑦秘密保持などである。

 

 個別性を尊重した面接というのはクライエントが語る言葉だけではなく、表情姿勢などの言語以外の表現からもその人固有の意味を見つけ出そうという働きかけがなければ成立しない。ワーカーは自分がいつどのような時にどのような人に対してマイナス感情や懐くのかを理解し自分自身をしっかり吟味する自己覚知ができないといけない。そのためには自分自身の生きていた歴史を振り返り、自分が持つ価値観が何によって形成されたかを考える作業が欠かせない。

 

 いろいろな角度からアセスメントすることで、クライエントの問題の解決方法が見えその際、自分の思い込みによる推測は厳に慎み、客観的な事実を確かめることが重要視していく。また相手の立場になり、言葉や気持ちをよく理解しながら、信頼関係を築くことが重要で、そのうえで段階をふまえアセスメントを行っていくことが大切である。

「アセスメントとは」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA